ガテン系就活応援サイト

ガテン系ってどんな職場?

取得しておくべき免許

最もオーソドックスなものとしてあげられるのは、運転免許となります。

移動式クレーン運転士の免許を取得しても、公道を走る際には運転士免許が必要となります。
また、タクシーの運転士を目指す時も勿論必須です。

大型トラック等の運搬業への就職を目指しているなら勿論普通自動車だけではなく大型免許の取得が必要となります。
就職してから時間がとれることも少ないですし、現場に赴く際には公共交通機関よりも必要な交通手段になりやすいので是非とっておきましょう。

海運への就職を考えているなら、海技士の免許が必要となります。
合格率は階級が上がるごとに落ちていき、航海の免許では合格率が六級と一級では52パーセント近く落ちてしまいます。

もし大型船舶に乗ることを目標とするなら養成施設の卒業も必要となり、乗船歴も必要とされます。
何をしたいかにもよりますが、基本的に難易度が高いとみて間違いないでしょう。

取っておきたい資格とは

建設現場などでよく見かけるクレーン操作。
あれを行うには玉掛技能講習を受け、玉掛作業者の資格をとらなければなりません。
ですので、クレーンのある現場では必須とされます。
こちらは講習とテストによるものですが、講習をきちんと受ければ大丈夫です。

国家資格の一つである消防設備士はその名の通り消火器やスプリンクラー等の設置工事や点検整備を行ってもよいという資格になります。
電気工事士の資格と組み合わせれば警報機なども設置することが可能になります。
つまり、これでほとんどの設置と整備、点検が可能になるというわけです。
いくつかの方法で受験資格がとれるようになりますから、一度確認してみてはいかがでしょう。

業種によって必要とされる資格や免許が変わってきますが、国家資格は基本的に企業への就職の際に役立ちます。
働きたい場所を明確にしてから改めて求人を確認するなどして情報を集めてみましょう。


この記事をシェアする