ガテン系に役立つ免許・資格

ガテン系就活応援サイト

ガテン系ってどんな職場?

ガテン系と一口に言っても、業種によって必要な資格や免許が変わってきます。 建設と運輸では行われる業務も違いますので、免許や資格も変わってきます。 ですので、大まかな振り分けをしたうえで必要とされるものや、共通して必要なものを簡単に説明していきます。

就職してから役立つ資格と免許

目指す職場への就職に必須となるものがとれていれば、次に欲しいのは就職に有利になったり実際に現場に赴いてから役立つものですよね。 ガテン系の免許はどれも実際に使われるような技術を培うものが多いですから、持っている資格や免許が多いに越したことはありません。

資格や免許を取る時に確認しよう

就職の意欲に燃えているときは、あれも取りたいこれも取りたいと欲張るものです。 取得に必要な時間数をクリアするもの、テストをうけるもの、ものによって形態はさまざまです。 でも、それは本当に今とるべき資格や免許なのでしょうか? 資格や免許を取るうえで確認しておきたい注意点もまとめておきました。

ガテン系で必要なものとは?

腕っぷしがものを言う職場というイメージがありますが、実際にガテン系と呼ばれる職はどのようなものなんでしょうか。

ガテン系で想像してみると出てくる場面は建築現場ばかりになってしまったり、自分の就きたい仕事はガテン系なのかと違和感を感じたりしていませんか?
ガテン系と呼ばれる由来をたどってみた上でよく観察してみると、一般的にガテンと言われるものは三つの系統に分かれているようです。

ではまず、ガテン系という言葉は一体何からきているのでしょうか?
ガテンというのは、合点からきている言葉のようです。
がってんだとか、合点承知の助なんて言葉を使ったり聞いた事ありませんか?
江戸っ子言葉であるこの言葉を使うような人というと自ずとガテン系に通じるのです。

そのような言葉を使う職人の仕事を中心にまとめていた求人誌の名前から、このガテンはきているようです。
つまり、その時その求人誌で扱われていた技術職や技能労務職が、ガテン系にあたる職種となります。

では次にガテン系がどんな職種を指すのかを具体的に上げていきましょう。
ガテン系の職を三つの系統に分けてみますと、建設業、運輸業、整備士などになります。
そこから更に細かく分かれていき、土木やとび職、ドライバー、パイロットとなっていきます。

こうして見ていくと、ガテン系と安直に調べるよりも自分に合ったものだけを直接調べることも出来そうですね。
ガテンと一口に言っても意外と色々な職があることを知っていただければなによりです。